歯のホワイトニングと口コミで評判の歯医者さん検索サイト

歯科事典

虫歯

虫歯の原因

私たちの口内には無数の細菌が住んでいますが、なかでもミュータンス菌は、食べカスのなかの糖分を栄養に、ねばねばとした歯垢(プラーク)をつくりだしています。同時に酸をつくりだし、歯を溶かして虫歯にしてしまう原因になります。

歯科では、虫歯の症状はC0からC4までの5段階に分けられています。
Cは虫歯を意味する「caries」の頭文字です。

<C0>

歯の表面のカルシウムなどの無機成分が少し溶け出している状態。
フッ素を塗って、よく歯磨きすれば、元の状態に回復する可能性があります。

<C1>

エナメル質が溶かされ、薄い茶褐色になります。痛みなど自覚症状もないので、見つけるのは難しいですが、定期検診に通っていれば見つけてもらうことができます。
象牙質までは達していないので、進行を止めたいところです。

<C2>

細菌が象牙質に達して穴があき、黒っぽくなります。冷たいものや熱いものなどがしみます。虫歯の部分を削って詰めものかやぶせものをします。

<C3>

神経(歯髄)に虫歯が達して大きな穴があき、ズキズキと痛みがひどくなります。
膿が出たり、歯が割れることもあります。
治療では、歯冠が崩れているので、残った歯根を利用してクラウンをかぶせます。
また特別な器具を使って、歯質や神経から細菌を取りのぞく根管治療が必要になります。

<C4>

穴が広がって歯がほとんどなくなり、歯根だけが残った状態。神経は死んで腐敗し、膿が出て悪臭がします。歯根の周りにも炎症が広がり、歯ぐきのなかの骨が溶けます。顔が腫れて熱がでることもあります。歯を抜かなければなりません。

PAGE TOP

ブリリアントライフ(Brilliant Life)とは?

日本最大級の歯科スタディーグループSJCDに加入している歯科医院を検索できるサイト「ブリリアントライフ(Brilliant Life)」。
掲載している歯科医院は確かな技術と実績のある歯医者さんですのでご安心して治療いただけます。
きっと皆様にとって「一生モノの歯医者さん」に出会えるはずです。
歯医者の検索はこちら ブリリアントライフについて詳しくはこちら