歯のホワイトニングと口コミで評判の歯医者さん検索サイト

歯科事典

口の中

唾液の役割

唾液は顎の下に3カ所ある大唾液腺と、口内の全面に無数にある小唾液腺から分泌されています。
大唾液腺は主に食事中に大量の唾液を出し、小唾液腺は常に少しずつの唾液を出してお口の機能を保っています。

唾液には、人の健康を維持し、体を守ってくれる重要な役割がいくつもあります。

1 抗菌作用
お口の中には無数の細菌が存在しており、病原細菌も多く含まれています。
唾液には、抗菌作用のあるラクトフェリン、リゾチームなどの物質が働いているため、
細菌の繁殖を抑えて、体を病気から守ります。

2 粘膜の保湿・保護
唾液には粘性タンパク質のムチンが含まれています。ムチンは水分を多く含んでいるので、粘膜の表面の乾燥を抑えて保湿する効果があります。また、食物などの外部刺激から口内の粘膜を守る役割もあります。

3 口内のphを一定に保つ
ご飯を食べたあと汚れを放っておくと、細菌が増えて口内が酸化します。phが5.5以下になると歯のエナメル質が溶けて虫歯となりやすい環境となります。
唾液に含まれる重炭酸塩やリン酸塩は、口内を中性に促し、ph6.8〜7.0と中性の状態に戻してくれます。

4 歯の再石灰化
唾液にはエナメル質の成分であるハイドロキシ・アパタイトが含まれており、
常に歯の表面を修復しようとする働きがあります。これを再石灰化といいます。

5 消化作用
唾液に含まれる消化酵素アミラーゼが、デンプンの消化吸収を促します。

6 自浄作用
歯の表面についた汚れや食べカスを洗い流す役目があります。

ドライマウス

唾液が不足することを口腔乾燥症(ドライマウス)といいます。
食習慣、ストレス、疲労、薬の副作用などの影響で、女性に多く現れやすい症状だといわれています。
予防のためには、こまめに水分を補給して、クッキーやトーストのような乾燥した食品、炭酸飲料、カフェインの入った飲料は避けましょう。ガムやキャンディー、梅干などを食べると唾液の分泌が促されます。
また、口呼吸をしていると口内が渇きます。口を閉じて鼻呼吸するように心がけましょう。
冬は、加湿器などで室内の湿度をコントロールしましょう。

PAGE TOP

ブリリアントライフ(Brilliant Life)とは?

日本最大級の歯科スタディーグループSJCDに加入している歯科医院を検索できるサイト「ブリリアントライフ(Brilliant Life)」。
掲載している歯科医院は確かな技術と実績のある歯医者さんですのでご安心して治療いただけます。
きっと皆様にとって「一生モノの歯医者さん」に出会えるはずです。
歯医者の検索はこちら ブリリアントライフについて詳しくはこちら