歯のホワイトニングと口コミで評判の歯医者さん検索サイト

歯科治療について

かみ合わせ治療(顎関節症)

かみ合わせの異常は、あごの関節に障害が起きている場合が多く、あごが痛い、あごが開けにくい、あごが鳴るなどの症状が見られます。重症になると全身に影響し、体のゆがみや痛み、内臓疾患、摂食障害、歩行困難にまで及ぶことがあります。基本的にはマウスピースを用いた治療法がもっともポピュラーですが、まずすべての歯を健康な状態に整えたり、詰め物を改善するだけでも有効な場合があるため、歯科クリニックでは入念なカウンセリングを繰り返しながら、個人の症状に合った安全な治療法を探っていきます。

提供:日高歯科クリニック

PAGE TOP


かみ合わせとは

顎を閉じたとき、上下の歯が互いに、自然に接触した状態が「かみ合わせ」です。かみ合わせは、ひとりひとり違っています。なぜなら、食べものなどをよくかむうちに、その人の顎の形に合ったかみ合わせがつくり出されるからです。
では、かみ合わせが悪いとは、どういう状態のことでしょう。見た目に歯並びが悪くても、一概にかみ合わせが悪いとは言いきれません。歯並びとかみ合わせは別のものです。歯並びを整えるために行った抜歯が原因となり、しだいにかみ合わせがずれてきてしまうこともあります。
かみ合わせというのは、個人のクセや日常の習慣、遺伝などによって悪くなるケースも多く見られますが、虫歯の治療のために施した詰めものやかぶせもの、加齢のために歯がすり減ったことなども、かみ合わせがずれる原因となる場合があります。
つまり、虫歯治療にしても、審美治療にしても、どのような治療を行う際も歯科医師がつねに意識し、細心の注意をはらわなくてはならない、たいへん重要でデリケートな問題が「かみ合わせ」なのです。

PAGE TOP


かみ合わせの重要性

みなさんは、かみ合わせと心身の健康の関係を考えたことがあるでしょうか。たった1本の歯が、自分の全身や精神に影響を与えるなんて、想像もしないかもしれません。
でも、私たちの身体は、骨も筋肉も皮膚もすべてつながっていることを思い出してください。たとえば1本の奥歯が虫歯になり、うまくかむことができなくなると、その影響であごの筋肉が緊張し、その筋肉の近くにある頭や首、肩の筋肉もだんだん緊張してきます。すると、脳から肩にかけての血行が悪くなり、頭痛や肩こりが起こります。「自分は偏頭痛持ちだ」「つねに肩が凝ってつらい」と言う人に多く見られる原因です。
また、かみ合わせが悪くてよくかめない状態が続いているとしたら、胃腸などの内臓を傷める原因になるだろうということは、容易に想像できるはずです。成長期の子どもなら、もっと重大な障害になり得ます。
さらに、かみ合わせの不具合が続くと、顎関節症になる場合もあります。頭痛や肩こりのほかにも、身体のゆがみや肥満、不眠、生理痛・生理不順、運動障害、記憶障害といった、恐ろしい病気を引き起こすこともあるのです。

PAGE TOP


かみ合わせが悪くなる原因

かみ合わせが不安定になるには、さまざまな原因が考えられます。

○顎の形や、顎が未発達な場合

顎の形は遺伝によるものもありますが、現代人は以前の日本人のように「しっかりよくかんで食べる」食生活をしていないため、顎の発達が不十分な人が増えています。未発達で小さな顎には、歯が生えてくるスペースが足りないので、あちこちに向いて生えてくることになります。これでは見た目がガタガタなばかりでなく、かみ合わせも悪くなります。

○歯の一部に痛みやかみにくい箇所がある

虫歯や歯周病などが原因で、かむと痛みがある場合、自然と偏ったかみ方をしてしまい、かみ合わせの不具合を引き起こします。歯が抜けたままになっている場合も同じです。ほかに、口内炎やケガなどによって痛みがある場合も、長引けばかみ合わせに影響します。また、意外と見過ごしがちですが、親知らずが生えてきたときも、かみ合わせのバランスがくずれる要因になるため要注意です。

○詰めものやかぶせものが合わない

歯科治療を受けたあとで、調子が悪くなった場合は、詰めものやかぶせものが合っていないのかもしれません。歯科医師も慎重に微調整を行うべきですが、ちょっとした違和感は本人にしかわからない場合もあります。治療に対して安易に「OK」を出さず、ほんの少しの違和感がすべて解消されるまで、とことん調整してもらうことが大切です。これは、虫歯治療だけではなく、審美やインプラント、矯正、義歯など、すべての治療にあてはまることです。自分自身の健康を守るため、わずかな感覚も医師に伝える努力をしましょう。

○クセや習慣

歯を強く食いしばったり、就寝中に歯ぎしりをするなど、個人のクセや習慣による不調もよく見られます。また、うつぶせ寝や、ほおづえをつくといった行為も、たびたび行っているとかみ合わせに影響を与えることがあります。

PAGE TOP


■かみ合わせ治療の流れ

かみ合わせの治療方法は、個人の症状によってまったく異なると言ってもよいでしょう。治療期間や費用も、同じく個人差があります。また、完治させるためには、医師の判断だけではなく、あなたの感覚が非常に大切になります。まずは、スムーズに治療の二人三脚が行える、信頼できる医師を探すことが第一のポイントとなるでしょう。

1
カウンセリング(ヒアリング)
最初の相談は、医師との信頼関係を築く大切な時間です。あなたが「こんなささいなこと・失礼にあたりそうなこと・恥ずかしいこと」などと勝手に決めつけて、医師に真実を伝えることができなければ、カウンセリングは失敗です。
もちろん、医師もプロフェッショナルですから、細々と具体的な質問を答えやすいように問いかけてくれるでしょう。ここでは、「どんなふうに痛い」「どんなふうにつらい」「どこがどのように悪い」などと、とにかく感じたこと、思ったことをすべてさらけ出してください。歯科とは関係のないことのように思える事がらも、医師の診断にたいへん役立つこともあります。
2
検査
医師があなたの口の中を実際に診察します。
あなたが医師に訴えた症状と口の中の状態、それを示すデータなどを見比べることで、原因究明に一気に近づけるでしょう。検査は、症状によって異なりますが、一般的には口の中の型取り、レントゲン撮影、口の中の写真撮影などを行います。また、同時に歯や歯ぐきの病気がないかもチェックし、虫歯や歯周病などが見つかれば治療にあたります。
※クリニックによっては、身体のゆがみを検査することもあります。
3
カウンセリング(結果報告と相談)
型やレントゲン写真などをいっしょに見ながら、検査の結果について、医師の詳しい説明を聞きます。あなたの不調の原因も確認することができるでしょう。それにしたがって、今後の治療法の選択肢や、期間、費用などについて、医師と詳細を話し合います。
4
さらに詳しい検査
かみ合わせの治療を行うにあたって、あなたにとって「どこを」「どのように」「どれぐらい」治療するのが最良の方法か、精巧な装置などを使用し、医師が最終的に判断するための検査を行います。これによって治療法が変わったり、期間や費用に変更がある場合もありますが、そのつど医師とじっくり相談することになるので、あなたの都合を正直に話し、もっともよいと思われる方法を医師といっしょに選びましょう。
5
治療
治療法は、個人の症状によってそれぞれ異なりますが、一般的なかみ合わせの治療では、ずれている顎の位置を正しい位置に戻すことが主となります。4で行った精密な検査の結果をもとに、医師が決定した正常な顎の位置を目標にして、歯科治療やマウスピースの装着、生活習慣の見直し指導などを行っていきます。期間は数週間から、長い場合は1、2年かけて完治を目指す場合もあります。
6
定期検診
治療後の歯や歯ぐき、口の中全体の様子を医師が細かくチェックします。かみ合わせはいちど完治しても、生活習慣の変化や加齢などにより、メンテナンスが必要になる場合も少なくありません。また、かみ合わせが正常になると、わずかな変化も感じやすくなると言われますから、不調に限らず、口の中に変わった感覚が生じたら、すぐに医師に相談するようにしましょう。

PAGE TOP

ブリリアントライフ(Brilliant Life)とは?

日本最大級の歯科スタディーグループSJCDに加入している歯科医院を検索できるサイト「ブリリアントライフ(Brilliant Life)」。
掲載している歯科医院は確かな技術と実績のある歯医者さんですのでご安心して治療いただけます。
きっと皆様にとって「一生モノの歯医者さん」に出会えるはずです。
歯医者の検索はこちら ブリリアントライフについて詳しくはこちら