歯のホワイトニングと口コミで評判の歯医者さん検索サイト

歯科治療について

歯周病治療

歯周病とは、歯ぐきなどの歯周組織が細菌に感染し、歯ぐきが腫れたり、出血したり、歯が抜けてしまったりする病気の総称です。歯槽膿漏もこれに含まれます。初期の段階では自覚症状があまりなく見過ごしがちですが、なんと日本人の80%がかかっているというデータもあります。おもな症状は、歯ぐきから出血する、急に口臭がきつくなる、歯ぐきが濃い赤や紫色になる、唾液がネバネバするなどです。一般にブラッシングや薬品を用いて治療しますが、免疫力をアップさせて発症を抑えるように、生活習慣の見直しを指導する場合もあります。

提供:日高歯科クリニック

PAGE TOP


歯周病の原因

歯周病は、一般に歯周菌と呼ばれる細菌が歯の表面や歯ぐきとの境目に付着して、歯ぐきの炎症を引き起こし、ひどくなると組織を破壊してしまいます。歯周病を発症させたり、悪化させる原因を知って、予防に努めましょう。

よくかまない

歯のもっとも重要な役割は、食べものをかんで消化吸収しやすくすることです。同時に、固い食べものをよくかむことが、歯の病気、たとえば歯周病予防に役立ちます。なぜなら、よくかむことで、歯の表面や間についた汚れや食べかすが取り除かれるからです。固い食べものをよくかんで食べる機会が少なくなったこのごろでは、歯や周辺に残った食べかすを栄養源に細菌が繁殖しやすくなるため、子どもを含むあらゆる年代に歯周病で悩む人が増えています。

歯並びの乱れ

歯並びが整っていないと、どうしても歯磨きが行き届かない箇所が出てきます。それが食べかすや細菌性の歯石などをためる原因となり、歯周病を悪化させる場合があります。

かみ合わせの異常

かみ合わせが悪いと、食事のときなどにそれぞれの歯に加わる力が一定ではなくなり、特定の歯に大きな負担がかかることになります。この状態が続くと、歯周病など歯や歯ぐきの病気を悪化させる原因になります。

歯ぎしり

寝ている間の歯ぎしりは、歯に非常に大きなストレスを与えています。これを繰り返すと、歯と歯ぐきの間にすき間が広がるなどの症状の原因となり、結果的に歯周病を悪化させます。

かぶせもの

虫歯治療でかぶせた金属や入れ歯などによって、歯磨きが十分に行えない箇所ができると、食べかすがたまりやすくなり、歯周病の原因になります。

生活習慣病

高血圧や糖尿、肥満などの人に歯周病が多く発症するというデータがあります。たとえば、糖尿病になると口の中が渇いて抵抗力が落ちるため、細菌が繁殖しやすいといわれます。

免疫力の低下

睡眠不足や運動不足、ストレス、過労、喫煙などによって免疫力が落ちると、歯周病を悪化させる原因となります。

このように、歯周病はさまざまな原因が重なって起こる疾病です。正しいブラッシングは予防や治療にたいへん有効ですが、それだけで安心していてはいけないこと、また、いったんかかったら元には戻らない恐ろしい病気であることを理解しておきましょう。

PAGE TOP


歯周病の一般的な治療の流れ

歯周病のもっとも大きな原因は、口の中の細菌によるものですが、治療を行うにあたっては、そこに至るまでのほかの原因を探ったり、身体の疾病との関係を調べたり、生活習慣について見直すべき点はないか相談したりなど、さまざまな方面からアプローチします。
治療方法の詳細は、個人の症状や原因によってそれぞれ異なりますが、一般的な例を見てみましょう。

1

検査
起こってしまった歯周病に対しては、まず歯と歯ぐきの状態を検査します。プローブ(ポケット深針)と呼ばれる、とがった先端から1ミリ単位のメモリが付いた道具を使って、歯周ポケットの測定を行うのが一般的です。歯周ポケットとは歯と歯ぐきの境目の歯肉溝のことで、この溝の深さによって歯周病の進行具合がわかります。また、同時に出血率や歯のぐらつきなどもチェックします。

●歯周ポケットの測定値と診断例
・1〜2ミリ……健康な歯ぐき
・3〜4ミリ……軽度の歯周病
・4〜5ミリ……中度の歯周病
・6ミリ以上……重度の歯周病

2
レントゲン検査
ひとりの患者さんでも、それぞれの歯によって歯周病の症状の度合いが違っている場合があります。必要に応じてレントゲン撮影をし、歯と骨の状態、歯の質の変化などを見ます。治療の経過を把握するために、口の中の写真を撮影することもあります。
3
歯石の除去
歯周病の原因となる細菌は、おもに歯石に付着しています。そのため、もっとも有効で即効性のある治療法は、歯石を取り除くことです。この治療法には、症状の度合いによって、歯の表面の目に見える部分の歯石を麻酔をしないで除去するものから、歯ぐきを切開しないと届かないような深い箇所にある歯石を外科的手術によって除去するものまで、いくつかの段階があります。
4
歯周病を悪化させない指導
歯石を取り除くなどの実際の治療とは別に、なぜ歯周病になってしまったのか、現在の症状より悪化させないためにはどうすればよいかなど、原因を探りながら、生活改善のアドバイスなどを行います。また、治療の大きな助けとなる正しいブラッシングの方法も念入りに指導します。
5

再検査
治療が進むたびに歯と歯ぐきの状態を検査します。改善が見られないときは、治療法の切り替えを行う場合もあります。自覚症状があまりないまま、長い期間をかけて悪化した歯周病の治療はたいへん困難で、期間が数年間におよぶことがあります。

●治療期間のめやす(一例
・軽度の歯周病……2〜5回の通院
・中度の歯周病……2ヶ月〜半年間にわたる通院
・重度の歯周病……半年〜1年以上にわたる通院

6
定期検診
歯周病はいったんかかると完治することが難しい病気です。そのため、症状がすっかり改善されたあとも、定期的に通院してクリーニングなどのケアを受けることが必要です。また、自宅においても、歯ブラシ以外に、歯間ブラシや糸ようじなどを活用した予防ができるように、指導を受けることができます。

PAGE TOP


歯周病の予防

自覚症状があまりないといわれる歯周病。気づいたときには手遅れだったという症例がたくさんあります。きちんとケアをすれば一生あなたの役に立ってくれる大切な歯を失う前に、歯周病にならない・悪化させないための予防対策を知って、できることからはじめてみましょう。

よくかむ

食べものをよくかむと唾液がたくさん分泌され、これが口の中の細菌を洗い流して掃除してくれます。細菌が好む食べかすや歯石などもつきにくくなります。また、よくかむことで歯や周辺の組織が強くなり、抵抗力がアップするので、もとから歯周病にかかりにくい歯や歯ぐきを維持することができるのです。

歯みがき

歯みがきは、歯周病にかぎらず、口の中の病気予防の基本です。歯周病の原因となる食べかすや歯垢を取り除くのに有効ですが、ただやみくもにみがけばよい、というものではありません。予防の第一歩として、歯科医師の「ブラッシング指導」を受けましょう。
歯のはえ方は人それぞれ違いますから、歯周病予防のための歯みがきのしかたも、人によってまちまちです。信頼できる歯科医師に、自分に合った歯みがきのしかたを一度教えてもらっておくと、いまある歯を1本も失わず一生使い続けることができるかもしれません。

プラークコントロール

よく耳にする言葉ですが、プラークとは歯垢のことで、この歯垢がたまらないようにケアすることをプラークコントロールと言います。ブラッシングのほか、デンタルフロスや歯間ブラシなど、歯垢を取り除くためのグッズがさまざま発売されていますが、これらの道具も正しい使い方をしなければ、あまり効果がありません。歯科医師の指導のもと、自宅でも歯周病の予防ができるケアのしかたをマスターしましょう。

生活習慣の見直し

生活習慣病にならないための注意点が、歯周病予防にもそのままあてはまります。十分な睡眠、偏りのない食生活、適度な運動、そしてできるだけストレスを軽減することです。だれもが口の中にもっている歯周菌を繁殖させて、歯周病を引き起こさないために、健康な心身を維持して免疫力を高めましょう。

歯科クリニックで定期検診を受ける

口の中や歯のはえ方は、ひとりひとり違っていて、本人も知らない個性があるものです。歯科の治療やケアは、その人に合った方法で行うのが鉄則ですから、いちど機会をつくって歯科医師の検診を受け、自分の口の中の状態や歯周病予防について指導を受けるとよいでしょう。たとえ異常がなくても、定期的に医師の検診を受けておくと、より安心です。

PAGE TOP

ブリリアントライフ(Brilliant Life)とは?

日本最大級の歯科スタディーグループSJCDに加入している歯科医院を検索できるサイト「ブリリアントライフ(Brilliant Life)」。
掲載している歯科医院は確かな技術と実績のある歯医者さんですのでご安心して治療いただけます。
きっと皆様にとって「一生モノの歯医者さん」に出会えるはずです。
歯医者の検索はこちら ブリリアントライフについて詳しくはこちら