歯のホワイトニングと口コミで評判の歯医者さん検索サイト

ブリリアントマガジン - Dr.Voice

2011.10.31

ドクターインタビュー第7回
日高歯科クリニック 日高 豊彦 先生

日高歯科クリニック・日高豊彦先生のインタビューもいよいよ最終回。
これまでインプラントや治療について詳しくお話を聞くことができました、
しかし、いざ治療となると「やっぱり痛いのでは?」
「先生はどんな人? 治療の技術はしっかりしている?」
などと気になってしまうのが患者のホンネかもしれません。
よりよい治療を受けるために、患者は歯科医師にどのように接すればよいのでしょうか。
日高先生が熱心に行っている後進育成の話題と合わせてお伺いしました。

日高 豊彦 先生のプロフィールはこちら


理解できなかったら、とことん聞こう

―― これまでのお話から、患者さんにも積極的な姿勢が必要だということが少しずつわかってきました。

日高先生:なかには「先生! どうしたらいいですか?」とすべて歯科医師に頼って、もたれかかってしまう患者さんもいますが、自分の頭で考え、決めてほしいと思いますね。
医療の世界には「informed consent」(インフォームド・コンセント)という言葉があります。「informed」は内容や知識、「consent」は電気のコンセントと一緒で「つなぐ」という意味で、本来は「内容をつなぐ」という意味になりますので、医者が説明しても、内容が患者さんに伝わっていなければ意味がないのです。
患者さんにはすべての情報を受け取る権利があります。そして、情報を理解したら治療方法を選ぶ権利もあります。「権利」と言いましたが、厳しい表現をすると、これはむしろ患者さんの「義務」だと考えています。患者さんもその選択に責任を持たないといけないのです。説明を聞いてもよくわからなかったなら、それは「コンセント」されていない状態です。そういうときは、治療の内容が理解できるように、歯科医師にもう一度尋ねてほしいのです。もちろん歯科医師も努力します。ですから、患者さんも「先生のやり方でやってよ」と任せっきりにしないで、治療についての理解を深める努力をして、メリットとデメリットを考え、ご自身で治療方法を選んでいただきたいのです。
面倒かもしれませんが、歯を削ることは自分の体に傷をつける行為であり、「自己責任」に委ねられる事項でもありますので、患者さんは納得できるまでとことん質問すればよいのです。

――現在治療する必要はないのだけれど、インプラントに興味があって話を聞きたいという場合、カウンセリングだけで来院してもよいのでしょうか。

日高先生:もちろんです。日本には「医師法」という法律があって、われわれ医師は、夜中であってもお酒に酔っていても、患者さんを拒む権利はありません。断ったらそれは法律違反になってしまうのです。そういう意味で医者は厳しい職業です。もちろんこれは極端なたとえですが、患者さんが話を聞きたいのであれば、遠慮なく来院してもらいたいと思います。

納得いくまで歯科医師と話し合うこと

―― 正しい知識を理解して、「もしかすると腫れるかもしれない」「痛みがあるかもしれない」といったリスクを事前に聞いておくことで、治療に対する恐怖心や不安がやわらぐかもしれないですね。

日高先生:アメリカの歯科医師は治療に関するデメリットをたくさん話します。考えられる限りの悪いことすべてを説明するのです。私もよくそういった説明をしますが、実際、手術が終わってみると、「散々脅かしたけど、たいしたことないじゃないですか」と言われることが多いですね。説明の中で恐怖心を乗り越えられた人は「思ったほどではない」と感じられるようです。おそらく、思ったよりも悪いという場合は説明をよく聞かれていないのだと思います。右から左へ流れてしまって、「そうだったっけ?」みたいなことは誰にでもありますよね。とにかく納得いくまで歯科医師の説明を聞くことです。
医者はできるだけ効率よく、早く終わるように治療の順番と方法を考えます。早く終われば費用も安くすみます。歯科医師とよく話し合い、事前にしっかり考えて選択することが大切ですね。


PROFILE

日高豊彦(ひだか・とよひこ)

日高豊彦(ひだか・とよひこ)

1982年鶴見大学歯学部卒業
1986年日高歯科クリニック開設

歯学博士。鶴見大学歯学部総合診療科診療教授。東京医科歯科大学歯学部附属歯科技工士学校非常勤講師。日高歯科クリニック院長。東京SJCD会長。

審美、インプラント、修復治療など多岐にわたる分野で論文・著書・講演など多数。論文・著書は翻訳され海外でも出版されている。院長を務める日高歯科クリニックは、厚生労働省の臨床研修施設指定されており、臨床を行うかたわら研究を行い、歯学部学生、歯科医師臨床研修医などの後進の教育にも力を注いでいる。歯1本だけではなく、口腔全体の健康を見据えた治療を目指している。

著書『Solutions for Dental Esthetic』(クインテッセンス出版株式会社)、『月刊日高豊彦』(株式会社デンタルダイヤモンド)、『基本歯冠修復治療』(歯薬出版株式会社医)など。

日高歯科クリニックの詳細はこちら

著書

PAGE TOP

ブリリアントライフ(Brilliant Life)とは?

日本最大級の歯科スタディーグループSJCDに加入している歯科医院を検索できるサイト「ブリリアントライフ(Brilliant Life)」。
掲載している歯科医院は確かな技術と実績のある歯医者さんですのでご安心して治療いただけます。
きっと皆様にとって「一生モノの歯医者さん」に出会えるはずです。
歯医者の検索はこちら ブリリアントライフについて詳しくはこちら