歯のホワイトニングと口コミで評判の歯医者さん検索サイトのホワイトニングについて

笑顔が変わる、歯のホワイトニング

どうして歯に色がつくの?

着色しやすい食べものや飲みものをとっても、すぐに歯を磨く習慣をつけると色素沈着を抑えることができます。

歯の色がくすんだり、黄ばんでしまうことのおもな原因は、飲食や喫煙などの生活習慣による着色です。
コーヒー、紅茶、緑茶、ワイン、カレーなどの着色の強い食べものや飲みものによって、歯の表面に色素が沈着してしまうのです。
また、喫煙の習慣のある人は、ヤニで歯の表面が黄ばんでしまいます。
毎日しっかり歯磨きすることで着色を防止することはできますが、一度色がついてしまうと歯ブラシでいくら磨いても落ちなくなってしまいます。半年に1回ほど歯医者さんに通い、クリーニングして表面の汚れを落としてもらいましょう。
さらにもっと白く美しい歯を目指す場合は、歯のホワイトニング治療をおすすめします。クリーニングではエナメル質の表面部分の汚れまでしか落とせませんが、歯のホワイトニングではそれより内側に入り込んた着色を分解することができます。

加齢によって歯が黄ばんでしまうことがあります。
歯の表面にあるエナメル質は半透明、その奥にある象牙質は黄褐色をしており、この二つの色が重なって、「歯の色」として見えています。
象牙質は、生えたばかりのときはクリーム色に近い淡い色をしているのですが、年を重ねるごとに色味が濃く変化します。また、毎日の食事や歯ぎしりなどによって、エナメル質はすり減り、薄くなります。薄くなって光や色を透過しやすくなったエナメル質を通して、色味が濃くなった象牙質を見るので、結果的に歯の色が濃く黄ばんで見えてしまうのです。
歯のホワイトニングでは、残念ながら象牙質の色を白くすることはできません。しかし、エナメル質の表面や内部の着色を分解することはできますので、加齢による歯の変色でも、歯のホワイトニング治療により改善できることがあります。

永久歯が形成される12歳までの時期に、テトラサイクリン系抗生物質の薬剤を服用した影響で、歯が変色してしまうことがあります。8歳未満の児童は特にその可能性が高くなりますので、服用する場合は注意が必要です。
この原因では、歯が黄色、茶色、グレー、黒に変色したり、縞模様のような横線(バンディング)が入ったりして歯のホワイトニングのみの治療が難しく、従来はラミネートベニヤなどの審美技術と組み合わせて治療が進められてきました。このうち縞模様については、歯のホワイトニング治療のみで改善した例も報告されていますので、歯科医師に相談してみましょう。

このほか、生まれ持った歯の質によって、色素が沈着しやすいなどの個人差もあります。生活習慣、歯の質、歯磨きもふくめたメンテナンスの状態など、お口の中の環境は千差万別です。まずは歯科医師に相談して、お口の状態を診断してもらいましょう。

  1. 自分の歯の色を知ってる?
  2. どうして歯に色がつくの?
  3. 歯のホワイトニングって?
  4. オフィスホワイトニングとホームホワイトニング
  5. 歯のホワイトニングでどうして白くなるの?
  6. 歯のホワイトニングで危険や痛みはあるの?
  7. 歯のホワイトニングを受けた後は?

PAGE TOP

ブリリアントライフ(Brilliant Life)とは?

日本最大級の歯科スタディーグループSJCDに加入している歯科医院を検索できるサイト「ブリリアントライフ(Brilliant Life)」。
掲載している歯科医院は確かな技術と実績のある歯医者さんですのでご安心して治療いただけます。
きっと皆様にとって「一生モノの歯医者さん」に出会えるはずです。
歯医者の検索はこちら ブリリアントライフについて詳しくはこちら