歯のホワイトニングと口コミで評判の歯医者さん検索サイトのホワイトニングについて

笑顔が変わる、歯のホワイトニング

歯のホワイトニングを受けた後は?

歯のホワイトニング治療を受けた直後は、「危険や痛みはあるの?」でも説明したとおり、一時的に水分が抜けた状態になっており、吸収しやすい状態にあると言えます。治療後の24時間以内は、着色しやすい飲食物を口にすることはできません。「今日はホテルで会合なのに、何も食べられない」……といったことのないように、ご自身のスケジュールを調整してから治療にのぞんでください。

歯のホワイトニングは治療の効果が永久に保たれるものではないため、治療後1カ月を過ぎると食事や喫煙などによって少しずつ着色し、色が後戻りしていきます。
白い美しい歯をキープするためには定期的にメンテナンスに通いましょう。
オフィスホワイトニングの場合、5、6カ月に一度診察してもらい、ホームホワイトニングの場合は1カ月に2、3日程度、薬を塗布すると、歯の白さをより長く保つことができます。


<注意事項>
歯のホワイトニング治療にあたって、以下の注意事項をよくお読みください。

※以下の条件に該当する場合は、治療が難しい場合がありますので、歯科医師にご相談ください。
・妊娠中や授乳中の方
・漂白剤やラテックスにアレルギーのある方
・無力タラーゼ症の方
・広範囲の歯のひび割れ、重度の歯周炎、重度の知覚過敏症状のある方

※重度の虫歯がある場合、そちらの治療を優先することがあります。
小さな虫歯がある場合は、歯のホワイトニング後の歯の色に合わせて、つめものや差し歯をつくることができますので、患部をカバーして先に歯のホワイトニング治療を行ったほうがよいこともあります。

※表側から装置をつけるタイプの矯正治療中は、基本的に歯のホワイトニング治療ができません。
矯正装置を外した直後は、歯に痛みがでやすいので、装置をはずして1〜2カ月経ってか らの治療をおすすめします。
歯の裏側から装置をつけたり、マウスピースをはめるタイプの矯正治療の場合は、歯のホワイトニング治療が可能です。

※歯のホワイトニング治療で差し歯やプラスチック製のつめものを白くすることはできません。差し歯やつめものを白くしたい場合は、新しい素材に替えて治療しなおしてもらう必要があります。 

  1. 自分の歯の色を知ってる?
  2. どうして歯に色がつくの?
  3. 歯のホワイトニングって?
  4. オフィスホワイトニングとホームホワイトニング
  5. 歯のホワイトニングでどうして白くなるの?
  6. 歯のホワイトニングで危険や痛みはあるの?
  7. 歯のホワイトニングを受けた後は?

PAGE TOP

ブリリアントライフ(Brilliant Life)とは?

日本最大級の歯科スタディーグループSJCDに加入している歯科医院を検索できるサイト「ブリリアントライフ(Brilliant Life)」。
掲載している歯科医院は確かな技術と実績のある歯医者さんですのでご安心して治療いただけます。
きっと皆様にとって「一生モノの歯医者さん」に出会えるはずです。
歯医者の検索はこちら ブリリアントライフについて詳しくはこちら